読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞味期限切れnote

デスマ中につき暫しの休息

【間之あまの】 君恋ファンタスティック

感想-甘々 感想-王道 感想

f:id:t781:20160813173007j:plain

遼成さんが憶えてなくても、俺がちゃんと憶えてますから

 シリアスでドラマチックなのもそれはそれで勿論好きですが、基本的にBLには癒しと和み、甘さを求めたい派です。それさえ揃っていればぶっちゃけ山のない日常話でも満足してしまえたりします(もちろん話が好みであることが前提ですけど)
 間之さんの作品は、ご本人も「読む甘味」だと仰っているとおり甘々かつハッピーエンド前提なので、今作のようにおそらく切なさが醍醐味であろう記憶喪失ネタでも安心して楽しめるところが長所だと思います。
 ただ、胸が痛くなるような切なさをお求めの方は肩透かしを食うと思われるのでご注意が必要ですが(笑) 今作も甘々攻が大爆発ですよ!

【 関連作品 】

 + 片恋ロマンティック (幻冬舎ルチル文庫) … シリーズ1作目 (感想はコチラ)

 + 初恋ドラマティック (幻冬舎ルチル文庫) … シリーズ2作目 (感想はコチラ)

 

≫ あらすじ

 勤務先の社長に頼まれて密かにファンだった久瀬の事務所仕事を手伝うことになった景。几帳面で潔癖症気味なところがある自分を否定せず受け入れてくれ、何かと心を砕いてくれる久瀬に恋愛感情で惹かれていくのを止められずにいたある日、景のことを庇って久瀬が記憶喪失に。以来、彼に押し切られるまま同居生活をするうちに二人は距離を縮め恋人同士になるが、そんな矢先、景の知らないところで久瀬の記憶が戻り、以前から彼にアプローチしていたモデルと付き合っているという話を聞かされ…!?

 

≫ 登場人物

 榎本景(受)
 アパレルメーカー・Sprinceの経理課に勤める。仕事ができ几帳面な性格で社長からの信頼も厚いが、少々潔癖症気味なところがあるのがコンプレックスで自分は恋愛に向いていないと諦観している控え目ビューティ。久瀬の写真のファン。

 久瀬遼成(攻)
 studio Kの代表であり売れっ子フォトグラファー。ナチュラルに気遣いが出来るうえに軟派で甘い台詞を垂れ流し、老若男女問わず惑わす天然人タラシ。でも本人に悪気はないので嫌味なタイプではない。軽い言動なのに気遣いがわかるせいか妙に包容力も感じる。

 

≫ 感想

 まず、シリーズ3作目ですが前2作品を含めすべて独立したお話になっているのでどこから入っても問題なし。会社だったり共通の脇キャラが登場する程度でストーリー自体には影響がないので、幼馴染もの(1作目)再会身分差もの(2作目)記憶喪失もの(今作)、お好みのお話から楽しめる親切シリーズです。

 で、3作目となる今作ですが、記憶喪失ネタ特有の痛苦しさはほとんどなく間之さんらしい甘々で切なさは一瞬だけのお話でたっぷり糖分補給。思わず某芸人のように叫びたくなるほどあま~い雰囲気に荒んだ心も潤うこと間違いなしです。

 ストーリーはシンプルかつ王道なので多少の物足りなさは否めませんが、景に潔癖気味というネックを持たせることで安易に恋愛を進ませず、なおかつ天然タラシな遼成の言動と相俟ってゆっくり関係を深めていく過程が飽きずに楽しませてくれて○。しかもその期間がひたすら砂糖漬けのように甘々で、後に待っているお約束展開の切なさを忘れる勢いでとても良かったです。

 恋愛経験値が低いせいか素直でウブな景の可愛さも好感が持ててツボだったし、何より優しいわりにねちっこいというかやんわり強引でややS気味な遼成さんのエロさがギャップがあって大変萌えでした。優しそうだったり淡泊そうに見えて実はねちっこいエロを展開させる攻ってめちゃくちゃイイよね!萌えだよね!

 

君恋ファンタスティック (幻冬舎ルチル文庫)

君恋ファンタスティック (幻冬舎ルチル文庫)