読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞味期限切れnote

デスマ中につき暫しの休息

【青山十三】 恋人を口説く方法

f:id:t781:20161106161930j:plain

あなただけの、印をつけて─────・・・。

 天然受に“生真面目”と“ピュア”がプラスされると最強だと思います。
 どうも、最近強気受より健気受に好みの比重が傾いている気がする祐です。
 自分に可愛げというものが皆無なせいか、素直に可愛いと思える受を好むようになってきたように思う今日この頃です。いやまあツンデレ受も変わらず大好きなんですけどね! ただ読むときに健気系に手が伸びることが増えたってだけ。

 

 ≫ あらすじ

 やっとのことで友達から恋人となった強面刺青彫り師の鬼塚と堅物リーマンの柳浦。幸せな二人の前に現れた森山という男は、なぜか鬼塚の悪評を柳浦に吹き込み始め……!?
 「友達を口説く方法」、続編。

 

≫ 登場人物

柳浦真澄(受)
 役員付きのハイヤー運転手兼秘書。生真面目で純粋で、ちょっと天然な可愛い人。色んなものをひとりで抱え込んでしまうところがあるのが玉に瑕だけど、何事(色事も含む)にも生真面目に取り組んじゃう頑張り屋さん。彫り師垂涎の美肌の持ち主。

鬼塚陣(攻)
 刺青彫り師。強面な外見に相応しい腕っぷしを持ちつつ、優しさと大らかさを兼ね備えた何気にイイ男。柳浦の肌から始まり内面にも惚れこんでいるゾッコン攻様。

 

≫ 感想

 期待していた友達を口説く方法、続編。

 今作も天然で生真面目でピュアッピュアな柳浦さんがすっごい可愛かったー!
 仕事方面で鷹場*1の失脚を目論む派閥に巻き込まれ問題が発生するものの、誰にも相談せずひとりでなんとかしようとする姿は健気すぎてキュンとしたし、なにより鬼塚の前でだけはほにゃっふわっとなっちゃうところがめちゃくちゃ萌え
 普段はあまり感情を表に出さずフラットなところがあるせいか、余計に鬼塚にだけ見せる素の表情や仕種の可愛らしさが際立っててギャップ萌えでした。鬼塚がメロメロになっちゃうのも納得!

 そんな鬼塚のほうも、嫉妬と独占欲が旺盛で一人グルグルしてるのも面白かったけど、基本的には包容力というか頼り甲斐というか、なにか安心感が感じられて最後にはちゃんと頼りになるあたりがツボでした。
 たまーに余裕のなさを垣間見せたりするけど何気にイイ男なんだよね鬼塚さん。グルグルしてても直接は余計なことを言わず、だけど肝心なところはしっかり押さえてるあたりがとくに。あともちろんエロいのも萌えましたがw

 

 続編だけあって甘さとエロさが充分に堪能できたのも大満足が高く、正直シリーズのここにきてなぜ会社内での陰謀めいたネタを…?とはちょっと思ったけど、健気に頑張る柳浦さんが可愛かったので結果オーライ。
 恋人らしさもグンと上がった二人が楽しめて、且つ、冒頭のお話では柳浦さん自ら初合体に向けて頑張るというエロ可愛い一面が見れて文句なしの1冊でした。

 

恋人を口説く方法 (ディアプラス・コミックス)

恋人を口説く方法 (ディアプラス・コミックス)

 

 

*1:靴屋シリーズに登場する柳浦の上司。